ぼくのJ2ライフ

気づけばJ1よりもJ2の観戦歴の方が長くなってしまったジェフサポのブログ。 コンセプトは「常に前向きに、ユーモアを忘れずに」

高橋悠太

ジェフ関係選手の仲介人(旧代理人)まとめ

突然ですが、クイズです。
昨オフのジェフ関係の選手の移籍に、最も多く関わったマネージメント会社はどこでしょうか?

こんな質問に対する答えも簡単に分かってしまう、割と重要な情報がJFA(日本サッカー協会)から公表されています(正解は後ほど!)。

JFAによる「資料を公開しました!」みたいな正式なプレスリリースは発見できなかったのですが、以下のページの一番下にひっそり公開されています。
http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

そもそもこれは、サッカーの「代理人制度」が廃止されて、新しく「仲介人制度」ができたことに関係しています。ざっくり説明すると、これまではサッカー選手の「代理人(エージェント)」になるためには資格が必要で、各協会の認定を得る必要があったのですが、実際には無資格者が多く活動しており、また、様々なトラブルも発生していたため、代理人制度は世界的に廃止され、代わりに仲介人制度というものが新設された、という背景があるようです。そして、新しい「仲介人」は登録さえすれば基本的に誰でもなれますが、どの選手あるいはクラブと契約したかが、年に一度、全て公表されるシステムになりました。

そして、この新しい制度が始まったのが2015年4月1日からですので、今回、2015年4月1日〜2016年3月末日までの1年間に仲介人が関与した取引の一覧が公表されたということのようです。

それでは早速、去年と今年のジェフの所属選手の仲介人と、その所属会社を見ていきましょう。

移籍組

まずは移籍組から。リストから確認できたのは以下のとおり。

田代真一(→山形) 柳田 佑介
(−)
金井貢史(→横浜M)野村 豊幸
(エースポーツクリエイション株式会社)
伊藤槙人(→水戸) 植木 竜介
(株式会社MYYK)
佐藤祥(→水戸)  馬淵 雄紀
(株式会社イマージェント)
大岩一貴(→仙台) 吉見 潤
(株式会社ジェイプランニング)
岡大生(→甲府)  石川 貴之
(株式会社ジェイプランニング)
中村太亮(→磐田) 高木 泰裕
(株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーション)
田中佑昌(→甲府) 高木 泰裕
(株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーション)
安柄俊(→金沢)  西真田 佳典
(株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーション)
水野晃樹(→仙台) ツクダ ロベルト
(株式会社スポーツコンサルティングジャパン)
森本貴幸(→川崎) 吉﨑 博文
(株式会社フットステージ)
佐藤健太郎(→京都)宮本 行宏
(株式会社フットステージ)
谷澤達也(→町田) 松浦 修也
(株式会社プレイヤーズファースト)

以下の選手については、確認できませんでした。
高木駿、松田力、栗山直樹、河津良一、能登正人、浦田樹、キム・ヒョヌン、ネイツ・ペチュニク、パウリーニョ、鈴木隆行

外国人選手については、仲介人は必ずいると思うのですが(少なくともパウリーニョの仲介人はツイッターやFBをやっていますし)、JFA登録仲介人ではないので、このリストには載っていないということなのでしょうか。レンタルバックの高木と松田は別として、栗山は仲介人を使わずに自分で移籍先を探したんだろうかとか、結構気になります。

新加入組

続いて、新加入組。

吉田眞紀人(←水戸)今時 靖
(イーマ株式会社)
若狭大志(←大分) 植木 竜介
(株式会社MYYK)
長澤和輝(←ケルン)秋山 祐輔
(株式会社SARCLE)
佐藤優也(←東京V)田邊 伸明
(株式会社ジェブエンターテイメント)
大久保裕樹(←松本)田邊 伸明
(株式会社ジェブエンターテイメント)
阿部翔平(←甲府) 熊崎 厚夫
(株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーション)
山本真希(←川崎) 熊崎 厚夫
(株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーション)
菅嶋弘希(←東京V)稲川 朝弘
(株式会社スポーツ・ソリューション)
藤嶋栄介(←鳥栖) 吉﨑 博文
(株式会社フットステージ)
近藤直也(←柏)  宮本 行宏
(株式会社フットステージ)
多々良敦斗(←仙台)宮本 行宏
(株式会社フットステージ)
比嘉祐介(←横浜M)宮本 行宏
(株式会社フットステージ)

以下の選手については、確認できず。
船山貴之、小池純輝、仲村京雅、大野哲煥、岡野洵、イ・ジュヨン、アランダ、エウトン

ここで気になるのは、何と言っても、意外な選手たちが同じ仲介人と契約していること。特に、近藤・多々良・比嘉さんの3人は同じ仲介人と契約しており、藤嶋も仲介人は違いますが、所属会社は一緒です。ちなみに、冒頭の質問の答えは、この会社、株式会社フットステージです(移籍組と新加入組あわせて6人の移籍に関与)。ジャパン・スポーツ・プロモーション(いわゆるJSP)は、合計5人で2位でした。

残留組

せっかくなので、残留組も。

佐藤勇人  植木 竜介
(株式会社MYYK)
岡本昌弘  馬淵 雄紀
(株式会社イマージェント)
井出遥也  馬淵 雄紀
(株式会社イマージェント)
町田也真人 石川 貴之
(株式会社ジェイプランニング)
北爪健吾  小林 博
(株式会社ジャパン・スポーツ・マーケティング)
富澤清太郎 小林 博
(株式会社ジャパン・スポーツ・マーケティング)

確認できなかったのは、オナイウ阿道と乾貴哉。
(2016/10/10追記:阿道は、シーズン途中に長澤と同じ株式会社SARCLEと契約していたようです。 http://sarcle.jp/news

ここで意外なのは、ルーキーイヤーを終えたばかりの北爪に仲介人がついていることですね。いや、別についていても全くおかしくないのですが、特別に契約交渉することが何かあったのでしょうか。

ジェフは仲介人とは契約せず

公表されているリスト全体を見ていただくと分かるのですが、選手ではなくて、クラブと契約している仲介人も存在します。これは、主にクラブが外国人選手を獲得しようとする際に、その国に詳しい仲介人と契約しているケースが多いようです。

ジェフは仲介人とは契約していませんので、海外のクラブや仲介人との交渉も、全て自前でやっていると推測されます。これは、社内にしっかりと交渉できる人材がいるのであれば、情報流出の心配もありませんし、良い戦略であると言えるでしょう。でも、そのような人材がいないのであれば、お金を払ってでも外部のプロを雇った方がマシ、ということになるかもしれません(どっちが良いかは一概に言えないと思います。)。

以上、リストを見てとりあえず思ったことや考えたことを、つらつらと書いてみました。僕のようなスポーツオタクにとっては、こういう情報が公開されるようになったことは嬉しい限りですが、透明性が上がることは、サッカー界全体にとっても良いことなのではないかと思います。ジェフも、少なくとも高橋GMの就任前はかなり秘密主義だったと思いますが、今後、その辺が変わっていくのかどうかにも注目しています。

3年ぶりのちばぎんカップ制覇と、新生ジェフへの(そうでもない)期待

1週間遅れになってしまいましたが、年に1度(去年はありませんでしたが。)のこのビッグイベントを記事にしないわけにはいきません。3年ぶりにジェフが勝ったのですから、尚更です。

というわけで、若干の今更感はありますが、先週のちばぎんカップを振り返っていきましょう。

50


君たちジェフ?!

久しぶりにジェフを見たレイソルサポーターは、こう思わず口走ったかもしれません。スタメン11人中、10人が今年新加入の選手ですから、無理もありません。特に、去年は事情によりちばぎんカップが開催されませんでしたから、天皇杯を含めても2014年8月以来の千葉ダービー。そのときにジェフに在籍していた選手で、この日のメンバーに入っていたのは、柏の山中選手(ジェフとレイソルの双方で、ちばぎんカップに出場するという偉業達成おめでとうございます!)を除けば、井出、佐藤、オナイウの3人のみという「全身整形」っぷり。ついでに、社長も、強化責任者も変わっています。

むしろジェフサポーターである僕だって、スタジアムに行くまでは「これが本当にジェフなのか」とまだ少し信じられない気持ちでした。谷澤、大岩、健太郎、キム、森本、太亮など、去年まで見慣れた選手たちはどこにもいません。しかし、実際にスタジアムに到着してみると、目の前にあったのは、黄色に染まったスタンド、選手による円陣ダッシュ、勝利のでんぐり返しに「俺たちジェフ」、オナイウのボールロストなど、見慣れたいつもの光景でした。紛れもなく、僕が愛するジェフがそこにはあったのです。

ちなみに、どちらかと言えば、水戸のスタメンの方がジェフっぽいぞ!

IMG_1960

この日にきっちりと照準を合わせてきた「新生ジェフ」

過去にもほとんど例を見ないような大幅な選手の入れ替えを行い、このオフシーズンの話題をさらったジェフ。表向きは「革命」などと聞こえの良い言葉を使っていますが、「粛清」と言った方が実態に近いのではないでしょうか。それについての分析はここではしませんが、昨シーズン終盤のチームのふがいない戦いっぷりを見て、髙橋新GMが「このままでは来年のちばぎんカップで勝てないぞ!」と感じ、危機感を募らせた結果の行動であることは想像に難くありません。

結果的に、レンタル復帰の仲村京雅も含めれば、チーム28人中、なんと20人が新加入選手となってしまいました。当然、2月に開催されるこのちばぎんカップでは、連携面が不安視されたわけですが、今年のジェフは一味違います。キャンプ地の宮崎で、昨年は参加していなかったニューイヤーカップに参加。実戦を通じて連携不足の不安を解消すると同時に、3戦全勝で見事優勝を飾り、ちばぎんカップに向けて弾みをつけました。

一方、レイソルは、前回のちばぎんカップ王者であり、リーグ戦のカテゴリーもジェフより上という驕りからか、ちばぎんカップが今年初の実戦という有様だったようです。勝負は始まる前から決まっていたのかもしれません。

世界三大カップに燃える男たち

全世界からの注目を集める一戦は、「2年ぶりの千葉ダービー、皆さん楽しみにしてると思うんで、期待に応えれるような試合にしましょう」という井上知大主審の気の利いたコメントでスタート。

ジェフは、ちばぎんカップを知り尽くし、古巣との対決に燃える近藤がインフルエンザにより欠場というアクシデント。これにより、CBは若狭とイ・ジュヨンという、若くしてJ1昇格もJ3降格も経験しているコンビに。ジェフのスタメンは、なんと全員がちばぎんカップ初出場という顔ぶれになります。

しかし、新生ジェフの面々は、緊張感も見せずに序盤から躍動。カウンターを中心に何度か惜しいチャンスを作り出すと、前半15分、コーナーキックのこぼれ球を蹴り込んだのは、この試合に並々ならぬ意欲を有していたであろう柏ユース出身の船山。憧れの大舞台(たぶん)で嬉しい初得点を挙げます。その後も、レイソルにボールを持たれる展開が続きますが、コパ(・ちばぎん)獲得に燃える現役パラグアイ代表アランダのパスカット、新キャプテン佐藤優也の怪我も恐れない果敢な飛び出しなどにより、なかなかチャンスを与えません。前半終了間際には、右SHと広報部長という2つのポジション争いに挑んでいる小池が、ユニフォームのパンツを切り裂かれながらも相手の左サイドを切り裂きますが、ゴールには至らず。

そして迎えた後半4分、またもコーナーキックから、ファーに詰めていた新加入のエウトンロドリゲ(ス)ブランドンがゴール。こちらも嬉しいフクアリ初ゴールとなりました。

ゲスではなくて、ゲ!エルトンではなくて、エウトン!

その後は両チームのプライドをかけた大一番らしく、お互いに球際に激しく行ってヒートアップする場面が見られ、ジェフは先制点を挙げた船山が負傷交代を余儀なくされるなど心配な場面もありましたが、とどめは、後半37分。阿部翔平のFKからイ・ジュヨンが頭で決定的な3点目を決め、ジェフが3年ぶりのちばぎんカップ王者に輝きました。

これには、エウトンロドリゲ(ス)ブランドンの代理人も、「エウトンのキャリアに新たなタイトル」と、ちばぎんカップの位置付けを正しくツイート!

ちなみに、ジェフのアカウントも、Jリーグのアカウントも間違えてるけどな!
@jefunitedは「ジェフ千葉サポーター」さん、@jeagueは「Jリーグ速報」さんのアカウントだ!

また、後半10分から出場した吉田眞紀人は、念願の世界三大カップに出場した感動を次のように語った!


まとめとリーグ戦に向けての展望

「急造チーム」であるにもかかわらず、大一番でJ1の柏レイソル相手に完勝。これだけで、今年の補強は大成功であったと言って良いでしょう。もちろん「リーグ戦の結果を見ないと、まだ補強が成功かどうかは分からない」という意見もあるでしょう。でも、考えてみてください。去年のチームのままであれば、J1昇格はおろか、ちばぎんカップも獲れなかった可能性が非常に高い。仮に今年のチームがJ1に昇格できなかったとしても、ちばぎんカップを獲っただけでまだマシ、じゃなかった、十分すぎる結果を出したと言えます。

言うまでもなく、ちばぎんカップとリーグ戦は別物であり、ジェフにとっては、ちばぎんカップ獲得よりも、J1昇格の方が難しいことはたしかです。言い換えれば、J2のチームに勝つことの方が、レイソルに勝つことよりも難しい(この時期はね)。過去を振り返れば、ちばぎんカップで完勝した年でもJ1昇格はできませんでしたし、ちばぎんカップで活躍した外国人がシーズン途中でいなくなってしまったなんてこともありますから、全く安心はできません。(ちなみに、レイソルはちばぎんカップに負けた年の方が成績が良いようですので、ぜひ今年もタイトルを獲って、来年のちばぎんカップも気持ち良く譲っていただきたいところです。)

さらに言えば、去年までの積み上げを完全になかったことにするような大幅な選手の入れ替えを行い、すぐに昇格できるほどJ2は甘くないでしょう。正直、髙橋GMも今年いきなり昇格できるとは思っていないのではないでしょうか。もちろん、僕もJ1昇格を目指して一生懸命応援はしますが、過度な期待は選手へのプレッシャーとなり、失望につながります。現実的な目標ラインは、去年の9位を上回れば御の字、最悪でもJ3に降格しないこと、くらいではないでしょうか。

というわけで、今年は3年ぶりにちばぎんカップを制覇した喜びを噛み締めつつ、リーグ戦では選手たちに余計なプレッシャーをかけずに、新しいチームがどこまでやれるのか、ジェフは本当に変われるのかを純粋に楽しみたいと思います。

「ちばぎんカップが今年のピーク」だけはやめてください!

31

ジェフが獲得を狙っているパラグアイ代表MFは?

J2で9位というクラブ史上最低の成績に終わったジェフ。これを踏まえて、総括的な記事を書こうと思って色々と考えてはいるんですが、まだ時間がかかりそうなのでその前に一旦別の話題を。

きっかけはスポーツ報知のこちらの記事。
【千葉】パラグアイ代表MF獲得へ

例年どおりのクラブによるガス抜きかなとも思いましたが、記事内でコメントが紹介されている髙橋悠太新GMは、赤沼さんの「ジェフ便り」の中でのインタビュー(一部有料)でも、この記事の内容のほか、中村太亮・ダヴィへのオファーの有無についてはっきりと語っており、その辺の情報は結構オープンにしていくスタンスの人なのかもしれません。

で、気になるのはジェフがオファーを出している選手は誰なのかということ。
現時点で分かっている情報は、以下のとおり。
1.現役パラグアイ代表選手で、今年のコパ・アメリカにも出場した
2.中盤の選手
3.所属クラブで給料の未払いの問題がある

早速、ここのサイトでコパ・アメリカのパラグアイの全試合のハイライトと、出場メンバーをチェックしてみました。また、パラグアイのフォーメーションはサッカーDBさんのホームページでも確認できます。

4-1-4-1のようなフォーメーションを使用しているので、どこまでが「中盤の選手」なのか悩ましいのですが、広めにCFと最終ライン、GK以外で出場した選手とその所属クラブをリストアップすると、たぶん以下のとおり(背番号はコパ・アメリカ当時のもの)。

センターハーフ/ボランチ
13 リチャル・オルティス(Richard Ortiz) リベルタ(パラグアイ)
15 ビクトル・カセレス(Victor Caceres) アルラヤン(カタール)
16 オスマル・モリーナス(Osmar Molinas) リベルタ(パラグアイ)
17 オスバルド・マルティネス(Osvaldo Martinez) クラブアメリカ(メキシコ)
20 ネストル・オルティゴサ(Nestor Ortigoza) サンロレンソ(アルゼンチン)
22 エドゥアルド・アランダ(Eduardo Aranda) オリンピア(パラグアイ)

サイドハーフ/トップ下
7 ラウール・ボバディージャ(Raul Bobadilla) アウグスブルク(ドイツ)
10 デルリス・ゴンサレス(Derlis Gonzalez) ディナモ・キエフ(ウクライナ)
11 エドガル・ベニテス(Edgar Benitez) ケレタロ (メキシコ)
18 ネルソン・バルデス(Nelson Valdez) シアトル(アメリカ)
21 オスカル・ロメロ(Oscar Romero) ラシン(アルゼンチン)

この中で、エドゥアルド・アランダに給料未払いの可能性があるとフットボールチャンネルが報じています

その記者らしき方のツイートはこちら。


他方で、ネストル・オルティゴサの所属クラブであるサンロレンソも財政難と報じられており、こちらの英語の記事によれば、2010年の時点で200万ドル以上の給料の未払いを抱えていたそうです(オルティゴサがサンロレンソに加入したのは2011年)。ワクワク度が高いのはオルティゴサの方かな?



アルゼンチンでは給料の未払い・遅配が常態化しているという情報や、カタールでも一部クラブでは給料の未払いがあるという報道もあり、疑いの目で見れば、それ以外の所属クラブも怪しく見えてきます(全く怪しくないのはドイツとアメリカのクラブくらい?)。この2人以外の可能性もあると思いますので、この時期ならではの妄想を色々と楽しみましょう!

(しかし、パウリーニョとパラグアイ代表MFのダブルボランチになんかなったら、今以上に守備が崩壊しそうですが、大丈夫なんでしょうか。。)

※2015/12/20追記:結局、アランダでしたね!動画を差し替えました。
Twitter
follow us in feedly