ぼくのJ2ライフ

気づけばJ1よりもJ2の観戦歴の方が長くなってしまったジェフサポのブログ。 コンセプトは「常に前向きに、ユーモアを忘れずに」

オナイウ阿道

井出遥也への期待と改善して欲しいところ

(2016/3/9 00:30 少しだけ文中の表現を修正しました。)

開幕戦の大逆転劇の余韻が冷めやらぬまま、迎えたアウェー岡山戦。

前半は、開幕戦よりはうまく攻めることができていたと思いますが、後半に2失点。開幕戦のヒーロー、長澤と吉田を投入して逆襲に出るも一歩及ばず、1-2で新生ジェフ初黒星となってしまいました。

この試合の中で、井出選手のプレーについてちょっと気になったことがあったので、ちょうどオンデマンドで見ていたということもあり、プレー画像も使って解説してみたいと思います。

一見、素晴らしい技術。でも…

とにかく細かいボールタッチがうまい井出選手。ニューイヤーカップの中継でも下村東美さんと戸田和幸さんに絶賛されていましたし、テクニックだけで見れば、J1の選手と比べても遜色ないと思います。本人も今年は自分がやらなければいけないという自覚を強く持っているのか、積極的にドリブルで仕掛けて相手を翻弄するシーンが目立ちます。

でも、ちょっと気になるのは、その技術を繰り出す場面を間違えていないかということ。今日の試合でそんなシーンがあったので、そこを振り返ってみたいと思います。

前半32分、左サイドで加地選手と1対1の状況になった井出選手。

3240

一度左にフェイントを入れてから、右に仕掛けます。

3241

そのままクロスを上げるかと思わせておいて、

3242-01
3242-02

キックフェイント。

3242-03
3242-04

これにより、加地選手は、相手に完全に背を向けるという、DFとしてかなり恥ずかしい体勢になってしまいます。

3243-0

それを見た井出選手は、ボールを持ち直して、余裕を持ってクロス。

3244-1
3244-2

しかし、このボールは、岡山のDFにクリアされます。

3245

もしアラン・シアラーがこのシーンを見たら?

実はこれと似たようなシーンを、僕は去年、イギリスのテレビで見たことがあります。

その時は、マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表、ブリント選手が左サイドを突破、そのまま左足でクロスを上げるかと見せかけて切り返し、相手のDFを完全にかわした上でクロスを上げたが中に合わなかったというシーンでした。僕はこれを見て「上手い!」としか思わなかったのですが、このプレーに対する、元イングランド代表アラン・シアラーの解説が辛辣でした。

「最初のクロスのタイミングで、FWのファルカオが完全にDFの前に走り込んでいた。ブリントはあのタイミングで必ずクロスを上げなければならない。もし俺がファルカオだったら、ロッカールームでブリントに怒鳴り散らすね。」
(完全には覚えていませんが、大体こんな感じ。)

これを踏まえて、上の井出選手のプレーをもう一度振り返ってみると、最初のクロスのタイミングでは、画面の右端ですが、小池選手と船山選手がニアに勢い良く飛び込もうとしています。

しかし、井出選手が加地選手を完全にかわしてクロスを上げた際には、小池選手は完全に動きが止まってしまっており、船山選手は動き直してファーを狙っていますが、この距離から、ファーの1人の選手にピンポイントでクロスを合わせるのは、キッカーに余裕があるとは言え、かなり難易度が高い。

結局、ボールは待ち構える岡山のDFに難なくクリアされています。これでは、キックフェイントをした意味は全くなく、結果だけを見たら、自己満足と言われても仕方のないようなプレーです(シアラーならブチ切れているでしょう。)。

もちろん、試合中のワンプレーだけ切り出して批判めいたことを書くことはフェアではありません。他の場面では、井出選手にたくさん良いプレーがあったことも事実です。でも、開幕戦でもこれと同じようなシーンがありました。その時は、船山選手が大きなジェスチャーで不満を露わにしていましたが、今回は誰からも特にそういう仕草は見られなかったのと、2試合連続だったのでちょっと気になりました。

井出選手には、間違いなく飛び抜けた技術がある。でも、その使い所を良く考えて、なんとなく感覚でプレーして欲しくない。その時々の状況に応じて一番効果的なプレーが選択できるようになれば、相手も手に負えなくなるはず。普段は前向きなことしか書かないこのブログですが、井出選手には期待しているだけにこのプレーが残念で、あえて厳しいことを書かせてもらいました。

個人的には、井出選手の成長なくしてジェフの昇格はないと思っているので、引き続き、頑張って欲しいです。阿道なんか、改善して欲しいところがいっぱいあるぞ!

3年ぶりのちばぎんカップ制覇と、新生ジェフへの(そうでもない)期待

1週間遅れになってしまいましたが、年に1度(去年はありませんでしたが。)のこのビッグイベントを記事にしないわけにはいきません。3年ぶりにジェフが勝ったのですから、尚更です。

というわけで、若干の今更感はありますが、先週のちばぎんカップを振り返っていきましょう。

50


君たちジェフ?!

久しぶりにジェフを見たレイソルサポーターは、こう思わず口走ったかもしれません。スタメン11人中、10人が今年新加入の選手ですから、無理もありません。特に、去年は事情によりちばぎんカップが開催されませんでしたから、天皇杯を含めても2014年8月以来の千葉ダービー。そのときにジェフに在籍していた選手で、この日のメンバーに入っていたのは、柏の山中選手(ジェフとレイソルの双方で、ちばぎんカップに出場するという偉業達成おめでとうございます!)を除けば、井出、佐藤、オナイウの3人のみという「全身整形」っぷり。ついでに、社長も、強化責任者も変わっています。

むしろジェフサポーターである僕だって、スタジアムに行くまでは「これが本当にジェフなのか」とまだ少し信じられない気持ちでした。谷澤、大岩、健太郎、キム、森本、太亮など、去年まで見慣れた選手たちはどこにもいません。しかし、実際にスタジアムに到着してみると、目の前にあったのは、黄色に染まったスタンド、選手による円陣ダッシュ、勝利のでんぐり返しに「俺たちジェフ」、オナイウのボールロストなど、見慣れたいつもの光景でした。紛れもなく、僕が愛するジェフがそこにはあったのです。

ちなみに、どちらかと言えば、水戸のスタメンの方がジェフっぽいぞ!

IMG_1960

この日にきっちりと照準を合わせてきた「新生ジェフ」

過去にもほとんど例を見ないような大幅な選手の入れ替えを行い、このオフシーズンの話題をさらったジェフ。表向きは「革命」などと聞こえの良い言葉を使っていますが、「粛清」と言った方が実態に近いのではないでしょうか。それについての分析はここではしませんが、昨シーズン終盤のチームのふがいない戦いっぷりを見て、髙橋新GMが「このままでは来年のちばぎんカップで勝てないぞ!」と感じ、危機感を募らせた結果の行動であることは想像に難くありません。

結果的に、レンタル復帰の仲村京雅も含めれば、チーム28人中、なんと20人が新加入選手となってしまいました。当然、2月に開催されるこのちばぎんカップでは、連携面が不安視されたわけですが、今年のジェフは一味違います。キャンプ地の宮崎で、昨年は参加していなかったニューイヤーカップに参加。実戦を通じて連携不足の不安を解消すると同時に、3戦全勝で見事優勝を飾り、ちばぎんカップに向けて弾みをつけました。

一方、レイソルは、前回のちばぎんカップ王者であり、リーグ戦のカテゴリーもジェフより上という驕りからか、ちばぎんカップが今年初の実戦という有様だったようです。勝負は始まる前から決まっていたのかもしれません。

世界三大カップに燃える男たち

全世界からの注目を集める一戦は、「2年ぶりの千葉ダービー、皆さん楽しみにしてると思うんで、期待に応えれるような試合にしましょう」という井上知大主審の気の利いたコメントでスタート。

ジェフは、ちばぎんカップを知り尽くし、古巣との対決に燃える近藤がインフルエンザにより欠場というアクシデント。これにより、CBは若狭とイ・ジュヨンという、若くしてJ1昇格もJ3降格も経験しているコンビに。ジェフのスタメンは、なんと全員がちばぎんカップ初出場という顔ぶれになります。

しかし、新生ジェフの面々は、緊張感も見せずに序盤から躍動。カウンターを中心に何度か惜しいチャンスを作り出すと、前半15分、コーナーキックのこぼれ球を蹴り込んだのは、この試合に並々ならぬ意欲を有していたであろう柏ユース出身の船山。憧れの大舞台(たぶん)で嬉しい初得点を挙げます。その後も、レイソルにボールを持たれる展開が続きますが、コパ(・ちばぎん)獲得に燃える現役パラグアイ代表アランダのパスカット、新キャプテン佐藤優也の怪我も恐れない果敢な飛び出しなどにより、なかなかチャンスを与えません。前半終了間際には、右SHと広報部長という2つのポジション争いに挑んでいる小池が、ユニフォームのパンツを切り裂かれながらも相手の左サイドを切り裂きますが、ゴールには至らず。

そして迎えた後半4分、またもコーナーキックから、ファーに詰めていた新加入のエウトンロドリゲ(ス)ブランドンがゴール。こちらも嬉しいフクアリ初ゴールとなりました。

ゲスではなくて、ゲ!エルトンではなくて、エウトン!

その後は両チームのプライドをかけた大一番らしく、お互いに球際に激しく行ってヒートアップする場面が見られ、ジェフは先制点を挙げた船山が負傷交代を余儀なくされるなど心配な場面もありましたが、とどめは、後半37分。阿部翔平のFKからイ・ジュヨンが頭で決定的な3点目を決め、ジェフが3年ぶりのちばぎんカップ王者に輝きました。

これには、エウトンロドリゲ(ス)ブランドンの代理人も、「エウトンのキャリアに新たなタイトル」と、ちばぎんカップの位置付けを正しくツイート!

ちなみに、ジェフのアカウントも、Jリーグのアカウントも間違えてるけどな!
@jefunitedは「ジェフ千葉サポーター」さん、@jeagueは「Jリーグ速報」さんのアカウントだ!

また、後半10分から出場した吉田眞紀人は、念願の世界三大カップに出場した感動を次のように語った!


まとめとリーグ戦に向けての展望

「急造チーム」であるにもかかわらず、大一番でJ1の柏レイソル相手に完勝。これだけで、今年の補強は大成功であったと言って良いでしょう。もちろん「リーグ戦の結果を見ないと、まだ補強が成功かどうかは分からない」という意見もあるでしょう。でも、考えてみてください。去年のチームのままであれば、J1昇格はおろか、ちばぎんカップも獲れなかった可能性が非常に高い。仮に今年のチームがJ1に昇格できなかったとしても、ちばぎんカップを獲っただけでまだマシ、じゃなかった、十分すぎる結果を出したと言えます。

言うまでもなく、ちばぎんカップとリーグ戦は別物であり、ジェフにとっては、ちばぎんカップ獲得よりも、J1昇格の方が難しいことはたしかです。言い換えれば、J2のチームに勝つことの方が、レイソルに勝つことよりも難しい(この時期はね)。過去を振り返れば、ちばぎんカップで完勝した年でもJ1昇格はできませんでしたし、ちばぎんカップで活躍した外国人がシーズン途中でいなくなってしまったなんてこともありますから、全く安心はできません。(ちなみに、レイソルはちばぎんカップに負けた年の方が成績が良いようですので、ぜひ今年もタイトルを獲って、来年のちばぎんカップも気持ち良く譲っていただきたいところです。)

さらに言えば、去年までの積み上げを完全になかったことにするような大幅な選手の入れ替えを行い、すぐに昇格できるほどJ2は甘くないでしょう。正直、髙橋GMも今年いきなり昇格できるとは思っていないのではないでしょうか。もちろん、僕もJ1昇格を目指して一生懸命応援はしますが、過度な期待は選手へのプレッシャーとなり、失望につながります。現実的な目標ラインは、去年の9位を上回れば御の字、最悪でもJ3に降格しないこと、くらいではないでしょうか。

というわけで、今年は3年ぶりにちばぎんカップを制覇した喜びを噛み締めつつ、リーグ戦では選手たちに余計なプレッシャーをかけずに、新しいチームがどこまでやれるのか、ジェフは本当に変われるのかを純粋に楽しみたいと思います。

「ちばぎんカップが今年のピーク」だけはやめてください!

31

高卒1年目からすでに大物の風格を漂わすオナイウ阿道

この記事を書いている時点でのジェフの成績は、12勝13分9敗の9位。関塚監督就任後に限っても、4勝6分3敗(天皇杯を除く)と苦しい戦いが続いていますが、相変わらずハイライトしか見られていないので、試合内容とは無関係の更新を続けます。

さて、僕には最近とても気になっているジェフの選手がいます。その名は、オナイウ阿道。高卒1年目のルーキーですが、キャラクター面でも成績面でも、すでに大物の風格を漂わせていると勝手に思っています。あまりに気になるので、彼の情報をここにまとめてみようと思います。

  • ナイジェリア人と日本人のハーフだけど、日本語しか喋れないらしい。

  • 1月のJリーグ新人研修で、明らかに寝ているところをテレビに映される(左上)。
    オナイウ新人研修
    でも、研修後は「ゴンさんの話を聞いて自分から発信することの大切さを学びました」などと立派なコメント。なお、ルールテストでは落第しなかった模様。

  • 5月31日、第16節の愛媛FC戦で初めてベンチ入りを果たすと、試合に出ていないにもかかわらず、試合後にゴール裏で「みなさん、こんばんは!良い試合でしたね!」などと堂々としたマイクパフォーマンス&「俺達ジェフ!」

    https://www.youtube.com/watch?v=8Mo0I8TBc1o (3:00くらいから)

  • 8月20日、天皇杯・柏戦で、公式戦初出場・初ゴール!PK戦でもきっちり決める活躍。

  • 8月24日、第28節・岡山戦でリーグ戦初出場。

  • 9月14日、第31節・北九州戦でリーグ戦初ゴール!

  • 元怪物・森本の胸トラップでのパスを受けて、利き足ではない左足でゴール!

  • その後も順調に試合に出続け、勝利の後は大人しい先輩達を尻目に(?)ラインダンスの前に出て、変な踊りで盛り上げることが恒例に!
    https://www.youtube.com/watch?v=62EGzgrY_lk (2:45くらいから)
    https://www.youtube.com/watch?v=DNsfCgWZ_xg (3:00くらいから)
     
  • 9月24日、U-19日本代表メンバーに初選出!ちなみに、年代別日本代表に選ばれるのはこれが初めての、サプライズ選出だそうです。10月9日から10月25日までミャンマーで行われるAFC U-19選手権2014(兼2015 FIFA U-20ワールドカップアジア予選)に参加するため、現在はチームを離れています。

物怖じしなさそうな性格と、高卒1年目から試合で結果を残しているところが素晴らしい。もちろん、まだ18歳なので過度な期待は禁物ですが、キャラ的にもプレーヤー的にもこのまま成長していって欲しいなと思わせる選手です。

Twitter
follow us in feedly