ホーム3試合目にして、今年も始まりました、対戦相手によるエンドチェンジ。

今年はスタメンが全員新加入選手なので、「逆にこっちの方がやり慣れてるわー」くらいの感じを期待したのですが、結果はスコアレスドロー。まだ1試合なのでなんとも言えませんが、やっぱり慣れの問題ではないのかもしれません。

というわけで、今回は数字だけ更新します。データの取り方、計算方法などについては、以前書いたこちらの記事をご参照ください。→「ジェフは本当にエンドチェンジされると弱いのか?」

2010年以降、フクアリでエンドチェンジされた試合の一覧
(もし漏れがあったら教えてください!)

2010年第18節 ジェフ0-3札幌(前0-1, 後0-2)
2011年第02節 ジェフ2-0湘南(前1-0, 後1-0)
2011年第20節 ジェフ1-1熊本(前1-1, 後0-0)
2011年第31節 ジェフ2-3群馬(前1-1, 後1-2)
2012年第15節 ジェフ4-0熊本(前3-0, 後1-0)
2012年第37節 ジェフ2-0群馬(前2-0, 後0-0)
2012年第38節 ジェフ1-2大分(前1-0, 後0-2)
2013年第40節 ジェフ0-2長崎(前0-2, 後0-0)
2014年第16節 ジェフ1-0愛媛(前1-0, 後0-0)
2014年第23節 ジェフ1-1長崎(前0-0, 後1-1)
2014年第26節 ジェフ0-0横浜(前0-0, 後0-0)
2014年第35節 ジェフ3-0福岡(前0-0, 後3-0)
2014年第37節 ジェフ2-1大分(前1-0, 後1-1)
2015年第04節 ジェフ1-0岡山(前0-0, 後1-0)
2015年第14節 ジェフ1-1金沢(前0-0, 後1-1)
2015年第23節 ジェフ1-2群馬(前0-1, 後1-1)
2015年第27節 ジェフ1-1徳島(前0-0, 後1-1)
2015年第37節 ジェフ2-2大分(前0-2, 後2-0)
2016年第05節 ジェフ0-0群馬(前0-0, 後0-0) ※今回追加

(番外編:2015年天皇杯2回戦 ジェフ1-0岐阜(前1-0, 後0-0))

ちなみに、群馬はこれで大分を抜き、フクアリでエンドチェンジをした回数(4回)が単独トップになりました!(当社調べ)
おめでとうございます!

上記の試合の平均:
勝ち点1.47、得点1.32(前半0.58、後半0.74)、失点1.00(前半0.42、後半0.59)

エンドチェンジがなかった試合の平均:
勝ち点1.93、得点1.70、失点0.94

エンドチェンジがなかった試合の平均(過去にエンドチェンジをしたことがあるチームとの対戦限定):
勝ち点2.05、得点1.88(前半0.63、後半1.24)、失点0.83(前半0.37、後半0.46)



松下め!!(笑)