J2で9位というクラブ史上最低の成績に終わったジェフ。これを踏まえて、総括的な記事を書こうと思って色々と考えてはいるんですが、まだ時間がかかりそうなのでその前に一旦別の話題を。

きっかけはスポーツ報知のこちらの記事。
【千葉】パラグアイ代表MF獲得へ

例年どおりのクラブによるガス抜きかなとも思いましたが、記事内でコメントが紹介されている髙橋悠太新GMは、赤沼さんの「ジェフ便り」の中でのインタビュー(一部有料)でも、この記事の内容のほか、中村太亮・ダヴィへのオファーの有無についてはっきりと語っており、その辺の情報は結構オープンにしていくスタンスの人なのかもしれません。

で、気になるのはジェフがオファーを出している選手は誰なのかということ。
現時点で分かっている情報は、以下のとおり。
1.現役パラグアイ代表選手で、今年のコパ・アメリカにも出場した
2.中盤の選手
3.所属クラブで給料の未払いの問題がある

早速、ここのサイトでコパ・アメリカのパラグアイの全試合のハイライトと、出場メンバーをチェックしてみました。また、パラグアイのフォーメーションはサッカーDBさんのホームページでも確認できます。

4-1-4-1のようなフォーメーションを使用しているので、どこまでが「中盤の選手」なのか悩ましいのですが、広めにCFと最終ライン、GK以外で出場した選手とその所属クラブをリストアップすると、たぶん以下のとおり(背番号はコパ・アメリカ当時のもの)。

センターハーフ/ボランチ
13 リチャル・オルティス(Richard Ortiz) リベルタ(パラグアイ)
15 ビクトル・カセレス(Victor Caceres) アルラヤン(カタール)
16 オスマル・モリーナス(Osmar Molinas) リベルタ(パラグアイ)
17 オスバルド・マルティネス(Osvaldo Martinez) クラブアメリカ(メキシコ)
20 ネストル・オルティゴサ(Nestor Ortigoza) サンロレンソ(アルゼンチン)
22 エドゥアルド・アランダ(Eduardo Aranda) オリンピア(パラグアイ)

サイドハーフ/トップ下
7 ラウール・ボバディージャ(Raul Bobadilla) アウグスブルク(ドイツ)
10 デルリス・ゴンサレス(Derlis Gonzalez) ディナモ・キエフ(ウクライナ)
11 エドガル・ベニテス(Edgar Benitez) ケレタロ (メキシコ)
18 ネルソン・バルデス(Nelson Valdez) シアトル(アメリカ)
21 オスカル・ロメロ(Oscar Romero) ラシン(アルゼンチン)

この中で、エドゥアルド・アランダに給料未払いの可能性があるとフットボールチャンネルが報じています

その記者らしき方のツイートはこちら。


他方で、ネストル・オルティゴサの所属クラブであるサンロレンソも財政難と報じられており、こちらの英語の記事によれば、2010年の時点で200万ドル以上の給料の未払いを抱えていたそうです(オルティゴサがサンロレンソに加入したのは2011年)。ワクワク度が高いのはオルティゴサの方かな?



アルゼンチンでは給料の未払い・遅配が常態化しているという情報や、カタールでも一部クラブでは給料の未払いがあるという報道もあり、疑いの目で見れば、それ以外の所属クラブも怪しく見えてきます(全く怪しくないのはドイツとアメリカのクラブくらい?)。この2人以外の可能性もあると思いますので、この時期ならではの妄想を色々と楽しみましょう!

(しかし、パウリーニョとパラグアイ代表MFのダブルボランチになんかなったら、今以上に守備が崩壊しそうですが、大丈夫なんでしょうか。。)

※2015/12/20追記:結局、アランダでしたね!動画を差し替えました。