ぼくのJ2ライフ

気づけばJ1よりもJ2の観戦歴の方が長くなってしまったジェフサポのブログ。 コンセプトは「常に前向きに、ユーモアを忘れずに」

エスナイデル新監督を招聘するジェフ千葉は、スティーブ・ジョブズ氏の言葉を体現する一流クラブだと再認識した件

常に予想の斜め上を行くのがジェフの伝統です!

J2・7年目にして初の負け越し、順位も11位とクラブ最低記録を更新して今シーズンを終了したジェフ。7月から関塚監督に代わって指揮をとった長谷部監督代行の下でも成績が振るわなかったため、新監督を探していると報道されていましたが、誰も想像しえなかったような人を見つけてきました。

フアン エスナイデル監督の就任内定について(ジェフ公式)

えーと、レアル・マドリードやユベントスでプレーした元アルゼンチン代表のFWで、直近はスペイン2部のヘタフェを指揮していたと。スペイン以外の国で指揮をとった経験はなく、もちろんJリーグは初めて。年齢はまだ43歳。

いつも思うのですが、どういう理由でこういった斜め上の人選をしてくるんでしょうね?アカデミーダイレクターにもスペイン人を招聘すると報道されていますので、「スペイン流の育成を取り入れる」ということなのかもしれませんが、最早、時代の流行はスペインよりもドイツのような気もします。

ジェフは、本当にこういう良く分からないルートからの外国人獲得が多くて、突然、想像もしなかった国(最近ではイタリア、パラグアイ)からJリーグ未経験の選手を連れてきたりします。

何も考えていないのか、あるいは、根っからのギャンブル体質なのか。

ジェフの問題は、親会社が古い体質の大企業であり、また、2社がそれぞれ50%の持分を有していることから、重要な意思決定が柔軟に行えないことだと言われることがあります。でも、逆に、こんなギャンブル性の高い案は、普通、大企業の決裁を通らないのではないでしょうか?どんなにサッカーを知らない人が決裁権者でも、「また失敗するんじゃないの?」と思ってしまいますよね。むしろ、「元アルゼンチン代表のエスナイデル?リーガで監督経験あり?面白いじゃん、それ。YOUやっちゃいなよ!」くらいのノリで全て決めているのではないかという気すらしてきます。

しかし、本当に、そんなエンタメ業界のような軽いノリだけで監督やアカデミーダイレクターを決めているのでしょうか?何か見落としている、大企業ならではの深遠な考えがあるではないか、そうであって欲しい。その一心で考えたところ、いつか読んだ、かの有名なスティーブ・ジョブズ氏の言葉を思い出したのです。

00_m

「顧客が望むものを提供しろ」という人もいる。僕の考え方は違う。顧客が今後、なにを望むようになるのか、それを顧客本人よりも早くつかむのが僕らの仕事なんだ。ヘンリー・フォードも似たようなことを言ったらしい。「なにが欲しいかと顧客にたずねていたら、『足が速い馬』と言われたはずだ」って。ほしいモノを見せてあげなければ、みんな、それが欲しいなんてわからないんだ。だから僕は市場調査に頼らない。歴史のページにまだ書かれていないことを読み取るのが僕らの仕事なんだ。
(引用元:http://nishi248.blog60.fc2.com/blog-entry-1010.html

要するに、顧客(サポーター)に「長谷部さんで継続して欲しい」と言われてそれを提供しているようでは、二流企業。一流企業は、顧客(サポーター)が事前に想像もしていなかったような素晴らしい商品を提供するもの。これがジェフの経営精神なんじゃないでしょうか。

ただの屁理屈だと思われるかもしれません。でも、少しだけ考えてみて欲しいんです。

ジェフがオシムさんを日本に呼ぶ前に、ピッチの11人が連動しまくる「考えて走るサッカー」を想像したことがありましたか?
ゴールキーパーから全て1タッチパスでのゴールを想像したことがありましたか?
ジェフがオーロイを日本に呼ぶ前に、ロングスローを身長2mの巨人がそのままヘッドで叩き込むサッカーを想像したことがありましたか?
今年が始まる前、開幕戦のスタメンが全員新加入のチームを想像したことがありましたか?

これらを全て現実化し、ときには日本のサッカーの発展に貢献してきたのがジェフなのです。

ジェフには、他のクラブのような哲学や、積み上げてきた土台がないと良く言われます。でも、Jリーグが開幕して25年もやってきているわけですから、当然、染み付いたチームカラーはあります。思うに、「他のクラブがやらないようなことをやる」ことが、ジェフのアイデンティティーなんじゃないでしょうか。良く言えば、「リスクを冒す」というか。

そんなカラーは嫌だ、どうせ失敗ばかりじゃないか、もう付き合っていられない、という意見も良く分かります。でも、思い出してみてください。あなたが、一番好きだったジェフのサッカーはいつですか?それも含めて、ジェフというクラブが、「他のクラブがやらないようなことをやる」ことを通じて開発・提供してきた商品なのです。

なので、もう少しだけ、この変わったクラブを見守ってみませんか?成功する確率は低いかもしれませんが、リスクを冒している分、当たったときはきっと面白いですよ。

エスナントカ監督、来年からよろしくお願いします!

ジェフの応援は日常のストレス発散には向かないので、ストレスフリーなお金持ちに沢山ジェフサポになっていただきたいと思った件

gif

6位・京都とのプレーオフ最後の椅子をかけた直接対決に0対3で敗北し、プレーオフへの出場、そして今年のJ1昇格がかなり厳しい状況になってしまった我らがジェフ。そのフラストレーションからか、ご存知の通り、試合後、一部のゴール裏にいる人達と選手の間でいざこざがありました。

ジェフが迅速に「お詫び」と題したリリースを出したこともあり、一部の選手がファンに対して不適切な発言をしたとだけ報道する記事も出ていますが、スカパーの映像や、現地のサポーターが撮影された写真、その後の選手のツイートなどを見る限り、以下のような流れだったように見えます。

選手がゴール裏のサポーターに(少し離れたところから)試合終了後の挨拶
 ↓
ゴール裏の一部の人から罵声が飛ぶ
 ↓
それを聞いた岡本が思わず反応し、近寄る
 ↓
近藤と勇人はそれを止めに行くが、岡本とゴール裏の人たちとの間で何やら白熱したやりとりが始まる(この間に、最初のトラメガが落とされる&1人がフィールドに飛び降りるような素振りを見せる)
 ↓
試合終了時にはかけていなかったサングラスをなぜか着用した田中が見守る
 ↓
近藤は岡本をサポーターの方から引き離すが、突如振り返って自分がスタンドの方に向かっていき、サポーターに対して激しいジェスチャーを見せる(身振りから、降りてこいよと言っているように見える)
 ↓
その場に立ち尽くす田中
 ↓
スタッフに制止される近藤の足元に2つ目のトラメガが投げられ、さらにヒートアップ
 ↓
岡本と若狭が近藤を抑えて下がらせようとした時、太鼓のバチが投げ込まれ、岡本のセービングも及ばず、若狭の背中付近に当たる
 ↓
比嘉さんがバチを拾う
 ↓
岡本が再び激昂、近藤も怒り収まらず、トラメガを手に持った勇人が場を収めようとするも、醜い言い争いが続く(この間、さらにタオルのような物が投げ込まれる)



この様子はスカパーでも放送されていて、解説の幸谷秀巳さんは、サポーターの気持ちを推し量ってか、以下のような発言をされていました。

「ここに来られる人たちは学生もいますし働いている人もいますけど、一週間結構ストレスが溜まって色々なことをやってここに来ているわけですよね。ホームのチームをやっぱり応援しに来ているわけですから、ホームのチームが一生懸命見せてくれれば、負けても納得できるけど、それが見えていないというのがサポーターの声なんじゃないでしょうかね。プロのサッカーはやっぱりサポーター、ホームは確実にサポーターのためにやるサッカーなので、一週間のストレスをここで発散させて喜びに変えるのがプロサッカーとしての基盤だと思うので、そこがこういう形にはなったんだと思いますけど。」


ツイッターを見ていると、この発言に共感を覚えた方もいらっしゃるようですが、僕はかなり違和感を覚えました。

毎週しっかり仕事や家族サービスをこなして、なんとか週末にジェフの試合を見に行けるように頑張っているのは事実ですが、それは自分がジェフの試合を見たいからそうしているのであって、決して日常のストレスを発散しようと思ってジェフの試合を見ているわけではないですよ。むしろ、ジェフの試合を見ること(特にこんなゴタゴタがあったとき!)が最大のストレスなので、家庭や仕事にそれを持ち込まないようにすることの方が難しかったりします。

スタジアムに行ってジェフの応援をすること自体が楽しい行為なので、勝った時だけ楽しいわけではありません。また、J2とは言え、ジェフもそれなりにお金があって選手層が厚いクラブですから、頑張っていない選手が試合に出続けたり、現役を続けたりすることはできないことも知っています。サポーター受けするプレーばかりする選手が、本当に頑張っている選手であるとも限りません。

オシム監督が退任した2006年夏以降、ジェフの成績は綺麗に右肩下がりで、シーズン当初に掲げたチームの目標が達成された試しはありません。正直、日頃のストレスを発散したい人には、全く向かない趣味であると思います。むしろ、仕事もプライベートも順風満帆、何か生活に張り合いが欲しいなあと思っているくらいの人こそジェフサポーターに向いているかもしれません。お金もたくさん落としてくれそうですし。

サポーターは移籍できないなんて言いますが、逆に、クラブもサポーターを選べないと嘆いているかもしれません。でも、実はクラブはサポーターを選べなくても、スタジアムへの入場者はある程度制限できます。入場料をプレミアリーグみたいに高くすれば良いのです。動員は減るでしょうが、客単価の上昇分でその減少をカバーできれば問題はありません。前田社長、レボリューションの第2弾として、どうでしょう?

と冗談はこのくらいにして、真面目な話、ストレスを抱えすぎている人はジェフから一度離れてみた方が良いと思いますよ。幸谷さんの言う通り、もし仕事や家庭がうまくいっておらず、毎試合応援に行っているジェフも結果を出せなくて辛いのだとしても、それを周りや、ましてや選手にぶつけるべきではありません。毎試合応援することは義務ではありませんし、今日は辛いなと思ったら休むことはできるはずです。また、周囲にあまりにストレスを抱えすぎて様子がおかしい人がいたら、何か大きな問題をしでかす前に、周りが強制的に休ませるべきです。しばらくして、ジェフが調子良くなってから戻ってきても、別に誰も何も言いませんよ。

安心してください、あなたがいなくてもジェフの試合は成立しますよ!

熊本戦で気づいた、フクアリを素晴らしい空間にする方法

2016年4月14日以降、過去に例を見ない頻度・回数で繰り返された熊本地震。まずは、亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々の1日でも早い回復・復興をお祈りします。

その地震によってリーグ戦を含めて活動を一時休止していたロアッソ熊本ですが、無事に活動を再開し、5月15日のフクアリでのジェフ戦で約1ヶ月ぶりのリーグ戦への復帰を果たしました。僕もその試合に立ち会う幸運に恵まれましたので、遅ればせながら感想を書き残しておこうと思います。

55

ジェフの勝利を願っているのは、生粋のジェフサポだけという状況!

ジェフサポのブログであるにもかかわらず、思わずロアッソを主語にして書き始めてしまいました。でもそれもそのはず、この試合の主役は、どう考えてもロアッソ熊本とそのサポーターたちでした。ジェフは脇役で、勝っても負けても引き分けても主役にはなれません。むしろ、華麗な引き立て役として、「タレント豊富な千葉が、実力では上回っているにもかかわらず、県民の想いを胸に必死に戦う熊本に屈する」という筋書きを期待していた人が多いのではないかと思います。実際、ジェフはこういう必死な相手に弱い印象がありますから、他サポさんからも「ジェフはいつも通りの戦い方をすれば良いよ」などと期待の声が寄せられます。

しかし、今年のジェフは違いました。まず、そこまでタレント豊富ではありませんし、大して実力もありません。熊本が4月9日以来のリーグ戦なら、ジェフは4月9日以来勝利がありません。この間、5試合を戦い、積み上げた勝ち点はわずかに3。試合開始前の1試合あたりの平均勝ち点が、ロアッソの1.86(7試合で勝ち点13)に対して、ジェフは1.33(12試合で勝ち点16)ですから、実質の順位はロアッソよりも下。これには、フクアリに集結したマスコミの皆さんも「え?ジェフって12位なの?強豪に立ち向かうロアッソという構図にしたかったのに、調子が狂うなあ」と思ったに違いありません。


勝負の厳しさを見せつけたのは、なんと町田也真人!

実際に試合を通して見れば、ロアッソはスタミナや試合勘がまだ戻っておらず、最近勝てていなかったとはいえ少しずつ調子が上がってきていたジェフとは、かなりの差がありました。でも、それはジェフの選手たちが突け入る隙を一切見せずに、プロフェッショナルに徹したからでもあります。ジェフサポーターですら「ロアッソにも頑張って欲しいな」と思ってしまうような一戦。しかし、2011年の仙台と川崎の試合の例を持ち出すまでもなく、もし1点でも熊本に入っていれば、一気にスタジアムの雰囲気が変わって、試合の結果が変わっていた可能性は大いにあると思います。

その意味で、やはり大きかったのは、試合開始直後のGK佐藤優也の片手でのビッグセーブと、町田也真人の2得点。特に、ジェフにとっては戦いにくさのあったこの一戦で、大きな先制点を叩き込み、そして相手に厳しい現実を突きつけるような冷酷な2点目を決めたのが町田というのは、失礼ですが意外でした。点が取れないことが課題と言い続けられてきた町田が、全国から注目を集めた試合で2ゴール。これで周りの見る目も変わってくるでしょうし、これがきっかけで、プレーオフなどの大一番でも決定的な仕事をしてくれることを期待したいです。

この日のスタジアムの雰囲気の素晴らしさは、どこから来たのか

26

最後に、色々なメディアでも取り上げていただいていますが、この日のフクアリの雰囲気は素晴らしかったです。地震後初の試合を戦う熊本を、Jリーグを代表してホストとして迎えるという特殊なシチュエーションが影響したことは間違いないですが、これを1試合限りで終わらせてしまうのはもったいない。

改めて振り返ってみると、この日のスタジアムの雰囲気の素晴らしさの要因は、試合に関わった人全員のお互いへのリスペクトであったと思います。

ジェフサポーターからロアッソサポーターへのリスペクト。
ロアッソサポーターからジェフサポーターへのリスペクト。

ジェフの選手からロアッソの選手へのリスペクト。
ロアッソの選手からジェフの選手へのリスペクト。

ジェフサポーターからロアッソの選手(特に巻!)へのリスペクト。
ロアッソの選手(特に巻!)からジェフサポーターへのリスペクト。

ジェフの選手からロアッソサポーターへのリスペクト。
ロアッソサポーターからジェフの選手へのリスペクト。

そして、この試合を裁いてくれる審判団へのリスペクト。

一つでも欠けていれば、この素晴らしい雰囲気にはならなかったと思います。

観客数も14,163人と今シーズン最多でした。これだけの人数が集まって、お互いにリスペクトを忘れなければ、フクアリをこれだけ素敵な空間にできる。このことに改めて気づけたことが、ジェフにとってはこの日最大の収穫だったのではないかと思います。もちろん、シーズンを戦う中で色々な感情は出てきて当然ですが、関係者へのリスペクトはいつでも忘れないようにしたいと思います。

ロアッソ熊本に関わる皆様、ありがとうございました。今後の躍進をお祈りしています。(でも、ジェフも負けませんよ!)

Twitter
follow us in feedly